何かの本場の国に留学してみたいと思った事

短大を卒業した私は、当時「花のOL」と言われたオフィスワーカーになりました。

何かの本場の国に留学してみたいと思った事

短大を卒業した私は

PAGETITLE
● 56歳 女性
短大を卒業した私は、当時「花のOL」と言われたオフィスワーカーになりました。
今と違って結婚までの腰掛とみなされ、仕事も簡単で残業もほとんどありませんでした。

アフターファイブや休日に何か夢中になれるものはないか、と探していた私が巡り合ったのがフラメンコでした。
先生は厳しい指導で生徒たちに少しでも力をつけさせようと、一生懸命な熱い方でした。

私に合っていたのでしょうか。少しずつ上達するのが楽しくて、家でも必死で練習しました。
友人にも恵まれ、毎日がフラメンコでした。
お金をためて、本場スペインへ、短期でもいいのでフラメンコを学ぶために留学できないか、などと友人と夢を語り合いました。
上達した私たちはイベントなどで声がかかるようになり、先生と一緒に出掛けて行きました。
小さな舞台でも、お客さんに拍手をもらった時の嬉しさは忘れられません。
ある日、先生のお友達のプロのフラメンコの方がスペインから来て、私たちの前で踊ってくれました。
なんていうか、体のボリュウム、美しさ、リズム感など、もう、貧弱な私とは全然違い、留学という夢が砕けた瞬間でもありました。

Copyright (C)2017何かの本場の国に留学してみたいと思った事.All rights reserved.